アパレル OEM | FLATWORLD SCM

limei

レースのOP依頼

レースのOPの依頼でお客様のパターンどおり作ったら後ろファスナーが上がらい状態になってしまい、

工場のパタンナーさんが裏地をポリウレタンが入ってる素材に変えてくれて着やすくなって

本生産のオーダー2nd行かないままで貰いました。

引き続き頑張ります!

スピード up

ブラウスの生地探し中国から2日間で生地スワッチ送ってきました。

すごく順調で進んでましたので

1stサンプルは6日間で出来上がりましたので本日お客様に発送しました。

flatworld point  2番目クリーア出来ました。 😀 

 

よくできました~

お客様の依頼: 切り替えフレアスカート

今回はデザイン性がある切り替えフレアスカートの依頼を受けました。

飾りとしてフリンジを共布で挟みこむデザインだったんですが、素材がツイドだったのでロック始末しても

少し引っ張ったらフリンジが取れてしまいました。

一応お客様希望のどおり1stサンプルは仕上げてもらい、フリンジの始末を杉彩テープでより見た目よくかくしてステッチを

かける方法で提案してもらいました。お客様にすごく喜んでいただきました。

量産の時も工場の提案どおり商品を仕上げるようになって本当にうれしかったです。

 (まだ販売されてない商品なので素敵なフレアスカートの画像はアップロードできないです。 🙂 )

本生産の生地が色によって厚さが違う!

ご要望・販売戦略
安価、縫製にこだわりがある。
今回のブラウスの素材が針が入ったら生地に針の穴の跡がつく素材だったので、工場ですごく細かく作業してもらって
1stサンプルOKもらい、発注を頂きました。
3カラーの発注を頂き、お直しの所があって2ndを仕上げて、撮影サンプルを各色作り、中国の工場から送ってもらい、検品してお客様の所に送ろうとしてたらあら!素材の特性で身頃と袖の色が違いました。それに生地も硬くなってしまいました。
生地の地の目は正しくとってあるのに光沢がある素材だったので、角度によって色が違く見えてしまうとのことでした。
地の目の調整は工場にお願いしてもらい、すぐ直せるものだったんですが、生地の硬さはどうするの?ってなってしまい、
工場とよく相談して、やはり製品洗いのやり方でやって生地の問題を解決できました。
間ですごくあせりましたが、解決して納前サンプルでオッケーいただき、よかったと思いました。

生産の流れについて

*客様の希望によって生産の流れは変わる可能性があります。

①仕様書+(・パターン、・見本サンプル)必要。

(パターンと見本サンプルが無ければ要相談)

➁1stサンプル制作に入る。・

・問題なければ次に進む、(要相談)

・修正したいところがあれば③に進む。

③2んdサンプル制作に入る。

・問題なければ次に進む。(要相談)

・問題あれば最後の微調整可能。(要相談)

④サンプル希望があれ(相談)

・撮影サンプル・納品前サンプル

⑤納品