本生産の生地が色によって厚さが違う!

ご要望・販売戦略
安価、縫製にこだわりがある。
今回のブラウスの素材が針が入ったら生地に針の穴の跡がつく素材だったので、工場ですごく細かく作業してもらって
1stサンプルOKもらい、発注を頂きました。
3カラーの発注を頂き、お直しの所があって2ndを仕上げて、撮影サンプルを各色作り、中国の工場から送ってもらい、検品してお客様の所に送ろうとしてたらあら!素材の特性で身頃と袖の色が違いました。それに生地も硬くなってしまいました。
生地の地の目は正しくとってあるのに光沢がある素材だったので、角度によって色が違く見えてしまうとのことでした。
地の目の調整は工場にお願いしてもらい、すぐ直せるものだったんですが、生地の硬さはどうするの?ってなってしまい、
工場とよく相談して、やはり製品洗いのやり方でやって生地の問題を解決できました。
間ですごくあせりましたが、解決して納前サンプルでオッケーいただき、よかったと思いました。
この記事をシェアする