楽天と電通が新会社「楽天データマーケティング」を設立

楽天と電通が新会社を設立しました。

その名も「楽天データマーケティング」。

10月より営業を開始するそうなので、まだもう少し先の話ですね。

両社が持つデータ・知見を融合し、新たなマーケティングサービスを企業向けに提供する、ってつまりどういうこと???

楽天と電通のプレスリリースによると、楽天の顧客基盤およびビッグデータと、電通のマスメディア・生活者のデータとインサイト、戦略構築力を活用し、企業のマーケティング活動の最適化および効果を高めるサービスを提供。具体的には、「楽天市場」で企業向けブランドタイアップ企画を強化。また楽天グループのデータを活用した顧客分析に基づき、パーソナライズされた広告商品を開発していく。顧客戦略の立案支援なども行う。

という事らしいです(^-^;
言葉が難しすぎて理解があっているかどうかわかりませんが、楽天に出店している企業のメディア戦略を電通が持っている生活者データを活用して計画立案し、提供するってことですよね?
楽天だけでは広告媒体に限界があるから電通の力を借りて広告の幅を広げようってことでしょうか。
雑誌やTVのタイアップ企画に参加するのってお金がかかりそう。。

確かに今の時代、メディアプランニングは大切ですよね。
知ってもらわなければ買ってもらえないですからね。ネットショップは特に広告を出さないと偶然知る機会は滅多にありません。
広告費を搾取される側の弊社のような末端企業はしんどいですね。
けど利用したいと思う企業は多そうですね。

この記事をシェアする