少量作りたい!に応える小ロットスピーディOEM生産—–ECのミカタ 2015年11月掲載コラムVol.1

2015年11月20日ECのミカタにコラム記事が掲載されました。

アパレルOEM生産事業「FLATWORLD」についての特集記事です。

第1弾はOEM生産事業を立ち上げたきっかけをお話しさせていただいています。

皆様はじめまして。株式会社ティーオーの代表の李文平と申します。今回、弊社が提供している小ロットスピーディOEM生産「FLAT WORLD」についてお話しさせていただきます。

レディースアパレルのネットショップを運営していく中で最初は仕入れだけでしたが徐々に自社のオリジナル商品を作るようになり、それに付随してタグや下札、封筒や宅配袋なども作るようになりました。卸売もするようになり、他のショップさんとも繋がりができ、日々色々な話を伺う中で生産について困っていらっしゃる方が多いことに驚き、お手伝いできることがあるのではないかと思いOEM生産事業を立ち上げました。

その経験を元に少しでも皆様のお役に立てるようコラムを執筆することにいたしました。若輩者ではありますがよろしくお願いいたします。

在庫リスクの解消

中小企業の悩みの1つに在庫の問題があります。工場で生産する場合、かなり量の枚数を作ることになります。連携がスムーズに行かないと納期も長くなり、タイミングを見計らって作らないと時期がずれ売り逃してしまい大量の在庫を抱えることになります。弊社も創業当時は在庫リスクが悩みの種でした。何度も工場に足を運び、話し合い、徐々に信頼関係を築いていき小ロットでも作ってくれるようになりました。小ロットで 綿密な打ち合わせで納期も早く、トレンド商品の販売チャンスをロスすることなく売ることができ、今では幅広い商品を展開しています。

弊社海外で契約工場いくつもありますが、工場に伝手の無い小さいショップさんではオリジナルで何かを作るのは在庫リスクが高く、作りたいと思ってもコストパフォーマンスが悪いので難しいでしょう。中小企業でも在庫を気にせず気軽にオリジナル商品やノベルティグッズを作ったりしてブランディングが出来たら素敵です。弊社は同じような悩みを抱えたショップさんの一助になれると思い、本格的に小ロットスピーディOEM生産事業を開始しました。

デザイナーも困っている

ベテランのデザイナーさんはオリジナルブランドで洋服を作ったり、売ったり、売り込んだりできますが、若手のデザイナーさんは作るのも売るのも大変な思いをしているそうです。

サンプルを作るのも日本では費用が高く厳しい世界です。弊社のネットショップで売る服をデザイナーさんにデザインしてもらった際に色々お伺いしましたが、ベテランのデザイナーさんもネットでどういうものが売れるのか試してみたいとおっしゃっていました。小ロットでスピーディに生産できる弊社のシステムはマーケティングにも活用いただけます。

次回は小ロットスピーディOEM生産「FLAT WORLD」について詳しくお伝えします。

詳しくはこちら ⇒⇒⇒ 少量作りたい!に応える小ロットスピーディOEM生産

この記事をシェアする